インスタンス

From Adobe Analytics百科事典
Jump to: navigation, search


Adobe Analyticsにおける「インスタンス」は「発生した回数」、つまり「変数に特定の値がセットされた回数」を意味する指標です。 「発生回数」(Occurrences) と表記されることもあります。

Metrics-Instance-Overview.png

訪問者がウェブサイトにアクセスし、ページが読み込まれると、「変数」に「値」がセットされてイメージリクエストがAdobe Analyticsサーバに送信されます。
その結果、サーバー側で「変数」に「値」が記録される回数を「インスタンス」という単位で数えます。

Metrics-Instance-Overview Hit.png

「インスタンス」は、ディメンション(変数)に紐づく指標です。例えばページを閲覧してもProp1に値がセットされなかった場合は、ページのインスタンスは増えますがProp1のインスタンスは増えません。

「インスタンス」と「ページビュー数」の違い

「インスタンス」と「ページビュー数」はどちらも回数を数える単位なので混同しがちです。ここでしっかりと理解しておきましょう。

  • インスタンス・・・「変数」に「値」がセットされた回数
  • ページビュー・・・ページが読み込まれ、「s.t()」関数が実行された回数 参考:ページビュー数

「インスタンス」は「変数」が持続する場合と持続しない場合でカウントのされ方が異なるように見えますが、 一定のルールに従ってカウントされており、カウントのされ方が異なるわけではありません。


変数が持続しない場合

Metrics-Instance-Overview PageDimension.png

Metrics-Instance-Overview PageDimension Table.png

ディメンションが「ページ」(pageName)の場合は「インスタンス」と「ページビュー数」は同じ数になります。 pageName変数はページが読み込まれる度に値がセットされ、「s.t()」関数が実行されてページビュー数がカウントされます。
pageName変数に値がセットされて「s.t()」関数が実行されたということは、同じ回数だけ「インスタンス」が発生したことになります。
「インスタンス」は「変数」に「値」がセットされた回数を数える単位です。
従って、「ページレポート」で「ページビュー数」と「インスタンス」を指標にセットして比較すると上図のようになります。 「インスタンス」は変数に値がセットされない限りはカウントされません。

Metrics-Instance-Overview PropDimension.png

サイト全体では「ページビュー数」と「インスタンス」は必ずしも同じにはなりません。 ページビュー数はインスタンスより多くなることはありません。すべてのページビュー数はインスタンスとしてもトラックされるためです。
離脱リンクやダウンロードリンク、カスタムリンクのヒットが含まれない場合は、これら2つの指標は一致します。
離脱リンクやダウンロードリンク、カスタムリンクのヒットが含まれる場合は、インスタンスのほうが多くなることがあります。
インスタンスは「s.t()関数」 と 「s.tl()関数」 呼び出し両方をトラックするのに対し、ページビュー数は「s.t()関数」のみをトラックするためです。

変数が持続する場合

変数が持続する場合は「インスタンス」は下記のようにカウントされます。

Metrics-Instance-Overview eVarDimension.png

例えば「eVar1」で「赤バナー」と「青バナー」の効果測定をしていると仮定します。 ※期限:訪問/配分:最新(最後)

  1. 「トップ」ページで赤バナーがクリックされた際に「eVar1」変数に「"赤バナー"」という値がセットされて「インスタンス」が1回カウントされます。
    ページが読み込まれると「s.t()」関数が実行されるので「eVar1」変数の「ページビュー数」も1回カウントされます。
  2. eVar変数は持続性という特徴を持っているため、ページコード内に「s.eVar1」が記述されていなくても、次のページに遷移すると「eVar1」変数に「"赤バナー"」という値はセットされます。
    「インスタンス」は基本的に全てのヒットに対してカウントされるものですが、変数が持続性を持っている場合は後続のヒットで値がセットされてもカウントをしない仕様になっています。
    その為、上図の「サマー特集」ページと「送料」ページでは「インスタンス」はカウントされません。
    ただし、ページが読み込まれる都度「s.t()」関数が実行されるので「eVar1」変数の「ページビュー数」は1回ずつカウントされます。
  3. 再び「トップ」ページに遷移し、今度は青バナーがクリックされたので「s.eVar1」変数に「"青バナー"」がセットされます。
    「変数」に「値」がセットされたので再び「インスタンス」が1回カウントされます。ページが読み込まれると「s.t()」関数が実行されるので「eVar1」変数の「ページビュー数」も1回カウントされます。
  4. 「サマー特集」ページでは変数が持続しているため「インスタンス」はカウントされません。ページが読み込まれると「s.t()」関数が実行されるので「eVar1」変数の「ページビュー数」も1回カウントされます。

従って、「eVar1レポート」で「ページビュー数」と「インスタンス」を指標にセットして比較すると下図のようになります。

Metrics-Instance-Overview eVarDimension Table.png


参考:Analysis公式ヘルプ「インスタンス」