セグメント

From Adobe Analytics百科事典
Jump to: navigation, search

Segment-Overview.png

ウェブサイトには様々な訪問者が訪れます。初めて訪問する方もいれば、何度も来てくれるリピーターもいます。特定の商品を探している人もいれば偶然来ただけ、という方もいます。
PCで見ている人方もいればスマートフォンやタブレットで見ている方もいるかもしれません。また、当然ですがそれぞれの訪問者が求めていることも様々です。
自分たちのウェブサイトを、訪問者が求めているように最適化し、ファンになってもらえるような改善をしたいと思いませんか?

このような時、Reports&Analyticsのセグメンテーション機能は非常に便利です。
セグメンテーション機能は、訪問者を特定の条件で分類し、訪問者の行動パターンに準じた分析を提供することが出来る機能です。
新規とリピーター、性別、年代別、使用しているデバイス別、過去の行動パターン別、など様々なセグメンテーションが可能です。
このように訪問者を分類し、絞り込むことを「セグメント」といいます。

それぞれの訪問者が求めているものを知り、ウェブサイトを最適化し、訪問者の満足や喜びにつなげていきましょう。

Reports&Analyticsのセグメンテーション機能は大変充実していますが基本を押さえることで応用が可能となりますので、基本をしっかりと理解しておきましょう。


参考:Analysis公式ヘルプ「セグメント」


セグメントを構成する3つの要素

Segment-Overview-3elements.png

Reports&Analyticsのセグメントは「コンテナ」「条件」「比較演算子」の3つの要素で構成します。

コンテナ

Segment-Overview-3elements-Container.png

Reports&Analyticsのセグメントには「コンテナ」という概念があります。「コンテナ」は「条件付きの箱」をイメージするとよいでしょう。条件に合った場合に、箱に収納されるイメージです。
Reports&Analyticsには「訪問者コンテナ」「訪問コンテナ」「ヒットコンテナ」の3種類のコンテナがあります。

訪問者コンテナ ・・・ 条件に合致した人(訪問者)がこのコンテナに含まれます。条件に合致した「人」のアクティビティが全てスコープとなるので、訪問者コンテナは一番範囲が広いコンテナになります。
訪問コンテナ ・・・ 条件に合致した訪問がこのコンテナに含まれます。訪問者コンテナと異なり、「人」の概念はなくなります。
ヒットコンテナ ・・・ 条件に合致した「ヒット」がこのコンテナに含まれます。「ヒット」とは「同じイメージリクエスト」のことですが「ページビュー」と捉えて問題ありません。一番詳細なセグメントが出来るコンテナです。

コンテナによって範囲が変わるというのは以下のようなことです。

Segment-Overview-3elements-Container-Scope.png

例えば「会員登録をした」という条件をセットした場合、コンテナが「訪問者」の場合は青枠がスコープとなります。
コンテナが「訪問」の場合は赤枠がスコープとなり、コンテナが「ヒット」の場合は緑枠がスコープとなります。
この時、「ページビュー数」を指標としてセットすると、コンテナによって結果が大きく異なることがおわかりでしょうか。

訪問者コンテナ ・・・ 13pv
訪問コンテナ ・・・ 4pv
ヒットコンテナ ・・・ 1pv

自分が分析したい内容によって選択するコンテナを選ぶ必要があります。どのコンテナでもよいというわけではないのでご注意ください。

条件

コンテナには「条件」をセットする必要があります。 Reports&Analyticsで使用出来る条件は「AND条件(および)」「OR条件(または)」「THEN条件(その後)」の3種類です。
「AND条件」や「OR条件」はよく使われるのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

AND条件

Segment-Overview-3elements-Operators-And.png

「AND条件」を設定すると、全ての条件を満たす場合にデータがフィルタリングされます。
例えば次のような条件があった場合、「ページA」「ページB」「ページC」全てのページを見た訪問が抽出されます。

コンテナ ・・・ 訪問コンテナ
条件 ・・・ 「ページA」を見て、かつ「ページB」を見た、かつ「ページC」を見た

Segment-Overview-3elements-Operators-And2.png


OR条件

Segment-Overview-3elements-Operators-Or.png

「OR条件」を設定すると、いずれかの条件を満たす場合にデータがフィルタリングされます。
例えば次のような条件があった場合、「ページA」「ページB」「ページC」のうち、いづれかのページを見た訪問が抽出されます。

コンテナ ・・・ 訪問コンテナ
条件 ・・・ 「ページA」を見た、もしくは「ページB」を見た、もしくは「ページC」を見た

Segment-Overview-3elements-Operators-Or2.png


THEN条件

Segment-Overview-3elements-Operators-Then.png

「THEN条件」はReports&Analyticsでは「その後」と訳されています。「THEN条件」を使うと、連続した行動を条件として設定することが出来ます。
例えば以下のような条件設定が出来ます。この場合、条件を満たした訪問だけが抽出されます。

コンテナ ・・・ 訪問コンテナ
条件 ・・・ 「ページA」を見て、その後「ページC」を見た

Segment-Overview-3elements-Operators-Then2.png

図の場合、「ページA」を見た後に「ページC」を見ていれば条件に合致します。


THEN条件+After(後)

Segment-Overview-3elements-Operators-Then-After.png

「THEN条件」には「After」オプションをセットすることもできます。例えば以下のような条件設定が出来るようになります。

コンテナ ・・・ 訪問コンテナ
条件 ・・・ 「ページA」を見て、その後3pv後に「ページC」を見た

Segment-Overview-3elements-Operators-Then-After2.png

この場合、「ページA」を見た後3pvより後に「ページC」を見ていれば条件に合致します。ポイントは「ページAを閲覧した後更にその後の3pvより後」です。
図で言うと、1ページ目で「ページA」を閲覧し、その後3ページ目以降に「ページC」を見ていると条件に合致します。
「After」はReports&Analyticsでは「後」と訳されていますが「より後」のほうが解釈しやすいでしょう。


THEN条件+Within(以内)

Segment-Overview-3elements-Operators-Then-Within.png

「THEN条件」には「Within」オプションをセットすることもできます。例えば以下のような条件設定が出来るようになります。

コンテナ ・・・ 訪問コンテナ
条件 ・・・ 「ページA」を見て、その後3pv以内に「ページC」を見た

Segment-Overview-3elements-Operators-Then-Within2.png

この場合、「ページA」を見た後3pv以内に「ページC」を見ていれば条件に合致します。ポイントは「3pv以内」です。
図で言うと、1ページ目で「ページA」を閲覧し、その後の3ページ目以内に「ページC」を見ている必要があります。

THEN条件+After(後)+Within(以内)

Segment-Overview-3elements-Operators-Then-AfterWithin.png

「After」と「Within」を同時に使うことも可能です。この場合、「After」と「Within」は並列条件となります。

コンテナ ・・・ 訪問コンテナ
条件 ・・・ 「ページA」を見て、その後1pv後、3pv以内に「ページC」を見た

Segment-Overview-3elements-Operators-Then-AfterWithin2.png

図の場合、1ページ目で「ページA」を閲覧し、更にその後1ページ遷移し、更にその後3ページ目以内に「ページC」を見ていれば条件に合致します。
「After」と「Within」はページビューだけではなく、期間にも使えます。