ページビュー数

From Adobe Analytics百科事典
Jump to: navigation, search

Metrics-PageView-Overview.png

「ページビュー」はウェブサイトのページが閲覧されることを指し、その回数を表す指標をAdobe Analyticsでは「ページビュー数」(Page Views、略してPV)と呼びます。
ページ内に挿入されている画像などの外部ファイルの数や、ブラウザやProxyサーバーによるキャッシュ効果には影響されず、ページを1画面開けば1ページビューと数えます。

Metrics-PageView-Overview-StFunction.png

ウェブブラウザ上でページが表示されるときに各ページに挿入されたJavaScriptのページコードが読み込まれて実行され、 s.t() 関数が呼び出されて変数が定義され、イメージリクエストが送信された際にページビューがカウントされます。


ページビューがカウントされるパターン

パターン1 ページが読み込まれた場合

Metrics-PageView-Overview-PageViews.png

訪問者はウェブサイト内のリンクをクリックしてページを遷移します。
ページを遷移するたびにウェブサイト内のページコードが読み込まれ、s.t() 関数が呼び出されてイメージリクエストが送信されます。

パターン2 ページがリロードされた場合

Metrics-PageView-Overview-Reload.png

訪問者がリロードボタンやF5ボタンなどでページを再読み込みした場合、挿入されているページコードも再度読み込まれることになります。
この場合もウェブサイト内のページコードが読み込まれ、s.t() 関数が呼び出されてイメージリクエストが送信されます。
従って、ページビューが1カウントされることになります。

パターン3 「戻る」ボタンで戻った場合

Metrics-PageView-Overview-Back.png

訪問者が戻るボタンで前のページを表示させた場合、挿入されているページコードも再度読み込まれることになります。
この場合もウェブサイト内のページコードが読み込まれ、s.t() 関数が呼び出されてイメージリクエストが送信されます。
従って、ページビューが1カウントされることになります。


このように、「ページビュー数」はリロードや戻るボタンでのページビューも含みます。
「ページビュー数」から「リロード回数」を引くことでリロードされたページビュー数は除外することが出来ますが、「戻る」ボタンのページビューは除外することはできません。

ページビューがカウントされないパターン

パターン1 「s.t() 関数」が実行されなかった場合

Metrics-PageView-Overview-StFunctionFail.png

ページコードは上から順番に読み込まれるので、何らかの理由でs.t() 関数が実行されなければページビューは計測されません。
例えばJavaScriptコードが下の方に記述されていて 読み込みの途中でブラウザを閉じてしまったり別のJavaScriptでエラーになった場合などは計測されません。

パターン2 ページ内のリンクやボタンがクリックされた場合

Metrics-PageView-Overview-LinkTracking.png

ページ内のリンクがクリックされた場合はs.t() 関数ではなくs.tl() 関数が実行され、リンクとして計測されます。
この場合、ページが読み込まれているわけではないので、ページビューはカウントされません。

参考:Analysis公式ヘルプ「ページビュー」