Category:DTM

From Adobe Analytics百科事典
Jump to: navigation, search


Dynamic Tag Manager (DTM) とは

Adobeの第二世代タグマネージャー。 Search Discovery社から買収した商用タグマネージャー「Satellite」がベースで、一つ前のAdobe Tag Managerとは機能も操作性も全く異なります。 各種ソリューションを実装して有効化するための手段なのでActivationという呼び方もされるようです。

DTMの特徴

  • データとロジックを分離して管理できる
  • ページ閲覧だけでなく、クリックやスクロール、画面内表示、オンマウス、キー押下、ズームのようなマウスやキーボードの操作と、訪問回数、URLパラメータ、リファラー、OS、表示文字列などの組み合わせによる条件に合致したイベントも簡単に計測できる(だから「ダイナミック」)
  • Adobe Marketing Cloud製品 (Analytics, Target, Audience Manager, Media Optimizer)、Google Analytics / Universal Analytics との親和性が高い

公式ヘルプ: 日本語英語

DTMの概念

DTM-Concept.png

右の図のような構造です。Webプロパティ=Webサイトです。どのツールのタグをどのページやタイミングで入れる(実行する)かを「ルール」で定義します。ルールでは、ページのコンテンツやCookie、URLから取得する「データ要素」を条件として利用したり、カスタム変数としてセットできます。実際のページに埋め込むのはDTM自身のタグのみです。

清水コメント:「DTMは買収される前は高価な商用サービスだったこともあり、機能が柔軟で操作性も良いのでオススメ。Adobe Analytics(旧SiteCatalyst)をこれから新規で導入するなら、昔のようにs_code.jsをカスタマイズするのではなく、DTMでスマートに実装すべき。実装の時間が大幅に短縮されます。GAなど、Adobe以外のカスタム変数やコンバージョン計測を使うアナリティクスも導入している場合は、それらもDTMで管理すると楽。一方、アナリティクス以外の非Adobeソリューションへの対応は普通なので、Yahoo系ソリューションはYahooのタグマネージャ、Google系ソリューションはGoogleタグマネージャ、と併用することも検討すると良いでしょう。昔は「ワンタグ」って呼ばれていたからといって、タグマネージャを必ずしも一本化する必要はありません。」