Processing Rules

From Adobe Analytics百科事典
Jump to: navigation, search


AppMeasurementから送付されたデータをサーバー側で記録する前に変換処理する機能。Googleアナリティクスにおける「フィルタ」に相当。

特徴

  • 条件を指定し、変数値のセットやコピー、イベントのセットが可能
  • 条件の指定や変数の操作はヒット単位
  • コンテクスト変数はProcessing Rulesで変数にマッピングしないとデータとして記録されない
  • VISTA rulesやMarketing Channelよりも先に処理される
  • 設定内容をルールごと他のRSへコピーできる

できないこと

  • ヒット自体の削除(全く記録しない)は不可
  • RSIDは変更できない
  • 操作できないデータがある:product変数、モバイル系変数、分類、リンクタイプ、ヒットタイプ

参考:https://marketing.adobe.com/resources/help/en_US/reference/processing_rules.html

留意点

実装を変更することなくサーバー側で手軽に処理できるのは便利ですが、送信されるリクエスト内容と実際のデータが一致しなくなるので、テストの手間が増える点に注意。

DTMがリリースされた今となっては、計測データの準備(収集や加工)とマッピング処理はDTMに任せた方が確実に管理できます。

清水コメント:「アプリ解析などでコンテクスト変数を使う場合は利用が必須。 それ以外は、image requestのURL長さを短くしたい場合、送信されるデータ内容を(簡易的に)隠蔽したい場合にのみProcessing Rulesを使うのがオススメ。」


使う方法

無料のオンライン試験を受けて合格し、ダウンロードできるPDFレポートをAdobeカスタマーケアに送付し、権限を付与してもらう必要があります。

試験について:https://marketing.adobe.com/resources/help/kb/en_US/analytics/kb/processing-rules-authorization.html