Report Suite

From Adobe Analytics百科事典
Jump to: navigation, search

レポートスイートは、データを格納する単位のようなものです。

レポートスイートの分け方

どこまでを一つのレポートスイートに含めるかは、実は難しい問題です。 一つのサイトを計測することもあれば、複数のサイトをまとめて計測することもあるので、サイトの単位とは必ずしも一致しません。

Cookieをシェアできないなどの理由で訪問(セッション)が分断されるヒットを同一レポートスイートで混在させると、訪問者や訪問回数などの指標が水増しされてしまうので、 動きを追いたい範囲で、かつ訪問がつながるヒットを含めると良いでしょう。

  • 社内で複数のサイトを運営している:
    • サイト間の移動(回遊)を促進したい →まとめる、またはサイト間回遊用にレポートスイートを別途作ってマルチで計測する
    • サイトが独立していてユーザーの行き来が少ない →分ける
  • HTMLメールの開封を調べるために含めるimgタグのビーコン →WebブラウザとはCookieが別になるのでレポートスイートを分ける
  • Webとアプリを運営している:
    • スマホWebブラウザとアプリはCookieが独立しているのでレポートスイートを分けるのが普通
    • ログインIDなどを訪問者IDとして指定する場合 →まとめられる(が、構造が異なるデータが混ざるので分析しにくくなるかも)
    • アプリ内のWebViewでページを開く場合 →URLパラメータでVisitor IDを渡せは、訪問がつながるのでまとめられる

レポートスイートの名付け方

レポートスイート名

レポート画面上に表示される名称

  • 長いと途切れて表示されるので短めに
  • 本番用とテスト用を区別できるように

<清水オススメ>テスト用RSのみ最後に(test)を追加するとコンパクトで邪魔にならないのでオススメ。「(開発用)」などと全角だと長くなります。(test)が無ければ本番用と分かるので、わざわざ「(本番)」などと追加する必要はありません。「(dev)」はもっと短いですが、人によって意味不明ですね。

RSID

  • レポートスイートを表すIDであり、英数字で表現される
  • 先頭にはカンパニー毎に設定された固定文字列(プレフィックス)が必ず追加される
  • 本番用とテスト用を区別できるように、最後にdevまたはprodなどとサフィックスを追加すると良い
  • 作成後は変更できない

レポートスイートの作り方

  • Adobeに作ってもらう
  • 管理画面で自分で作成する
  • 管理画面で他のRSからコピーして作成する