VISTA Rules

From Adobe Analytics百科事典
Jump to: navigation, search


AppMeasurementから送付されたデータをサーバー側で記録する前に変換処理する機能。 Visitor Identification, Segmentation and Transformation Architectureの略。 Processing Rulesに似ているが、より柔軟性が高い。

特徴

  • Processing Rulesよりも後に処理が実行される
  • プログラミング言語で記述するので、複雑なロジックを設定できる
  • サーバー側のデータベースも利用すると、他のデータとの統合ができる
  • ただしAdobeのエンジニアへカスタム依頼をする必要がある
    • 高価で時間がかかる
    • 処理内容の確認や変更ができないので管理しにくい

清水コメント:「VISTAは役目を終えつつあるレガシー機能。今はデータの収集と加工はDTMで行うのがベスト。データ統合に関しては、Adobe Analyticsに集約するよりも、Data Workbenchや他のデータベース、BIツールと連携して統合分析するのがトレンド。Marketing Cloudの充実によって、Adobe Analyticsの役割は限定的になってきている。」