eVar

From Adobe Analytics百科事典
Jump to: navigation, search

Dimension-eVar-Overview.png

eVarは貢献度を調査する際に使用します。
例えばウェブサイト上で色違いのバナーを出し分けていたとします。コンバージョンに影響を与えたバナーは何色のバナーでしょうか。
また、訪問者がウェブサイト内でキーワード検索をした場合、どのキーワードがコンバージョンに影響を与えたのでしょうか。
このように、コンバージョンに影響を与えた物事を調査する際にeVarを使います。eVarで収集したデータは「カスタムコンバージョンレポート」に反映されます。

Reports&Analyticsで貢献度を示すレポートは「キャンペーンレポート」と「カスタムコンバージョンレポート」です。
キャンペーンレポートはキャンペーンの貢献度分析に使います。用途が決まっているので「定義済みコンバージョンレポート」とも言われます。

参考:Analysis公式ヘルプ「コンバージョン変数(eVar)」


eVarの特徴

eVarは持続(persist)する

Dimension-eVar-Overview Expire.png

eVarには有効期限を設定することができます。その期限が来るまで値を保持し続けることができるので「持続変数」とも呼ばれます。
eVarに設定できる有効期限は、セットされてからの経過時間だけでなく、特定の成功イベントが発生するまで、など様々な設定が可能です。

「値を保持し続ける」とはどのようなことでしょうか。これを上の図で説明します。
上の図は「eVar1」でサイト内検索キーワードを収集している例です。有効期限は「訪問」に設定しています。

  1. 訪問者がサイト内検索で「靴」と検索しました、この時、「eVar1」の値として「靴」がセットされます。
  2. 訪問者は商品詳細ページに遷移しました。「eVar1」の有効期限を「訪問」に設定しているので、訪問が終了するまで「eVar1」は値を保持し続けます。
  3. 次に訪問者は再びサイト内検索で「シューズ」と検索しました。このとき、「eVar1」の値は「シューズ」に置き換わります。
  4. 訪問者は商品詳細ページに遷移ました。ページを遷移しても「シューズ」という値は保持され続けます。
  5. 次に訪問者は買い物かごに遷移し、「¥10,000」の購入を行い、離脱しました。
  6. 有効期限を「訪問」としていたので、訪問が終了した時点で「eVar1」は値を保持することを停止します。

トラフィック変数と異なり、eVarはページを遷移しても有効期限が切れるまで値を持ち続けます。

eVarは「配分」方法を選択できる

Dimension-eVar-Overview Allocation.png

eVarには配分を設定することもできます。有効期限が切れた時点で、その期間内に発生したコンバージョンクレジットをどこに配分するかを決めることができます。
「配分」の方法は以下の3種類です。

最新(最後) ・・・ 有効期間内に最後に記録された値にコンバージョンクレジットを配分する
元の値(最初) ・・・ 有効期限内に最初に記録された値にコンバージョンクレジットを配分する
線形 ・・・ 有効期限内に記録されたeVarに均等にコンバージョンクレジットを配分する


上の図で訪問者は「¥10,000」の買い物をしました。このとき、「配分」の設定によってコンバージョンクレジットの振り分けられ方が異なります。

最新(最後) ・・・ 有効期間内に最後に記録された「シューズ」に「¥10,000」が配分される
元の値(最初) ・・・ 有効期限内に最初に記録された「靴」に「¥10,000」が配分される
線形 ・・・ 有効期限内に記録された「靴」と「シューズ」に均等に配分される。「線形」を設定する場合は有効期限は「訪問」が推奨されています。

どの配分にするかは特に決まりはありません。ウェブサイト上で実施している施策により異なりますので関係者内で決めておくとよいでしょう。
尚、「線形」の場合は上の図のように2回発生した場合「¥5,000」ずつ配分されるように思いがちですが、実際に試してみたところ持続している間のeVar値も考慮されるようでした。
つまり、eVar1はコンバージョンが発生するまでに5ヒットの間持続しており、そのうち2ヒット分は「靴」に、3ヒット分は「シューズ」に配分されます。

「有効期限」と「配分」の設定

eVarの「有効期限」と「配分」は管理画面で行います。管理権限を持つ管理者のみが設定可能です。

Dimension-eVar-Overview AllocationExpireSetting.png

eVarのタイプ

「テキスト文字列」と「カウンター」

eVarは「テキスト文字列」「カウンター」という2種類のタイプがあります。「テキスト文字列」がデフォルトです。
「テキスト文字列」の場合はeVar変数にセットされた値をテキスト文字列として記録し、文字列のままレポート上で表示されます。
「カウンター」の場合はeVar変数にセットされた値に関わらず、eVarの発生回数をカウントアップし、回数がレポート上のラインアイテムとして表示されます。

例えば内部検索キーワードを追跡している場合に、どの検索キーワードがコンバージョンに貢献したかを調べる場合は「テキスト文字列」に設定します。
何回目の検索がコンバージョンに貢献したかを調べる場合は「カウンター」に設定します。

Dimension-eVar-Overview Type.png

上の図では、内部検索キーワードを「eVar1(テキスト文字列)」「eVar2(カウンター)」で収集しています。
eVar1は「テキスト文字列」に設定しているので、右辺の値がラインアイテムに表示され、配分を「最新」としているので最後に検索された「ねこ」にコンバージョンクレジットが付与されています。
eVar2は「カウンター」に設定しているので、eVar2の発生回数がカウントアップされています。配分を「最新」としているので最後の回数「4.00」にコンバージョンクレジットが付与されています。

「カウンターeVar」の用途

eVarの「カウンター」タイプは1ずつカウントアップさせる以外に、「+3」「+5」など任意の数を加算させることも可能です。
この機能を利用すると訪問者のスコアリングなどができるので便利です。

Dimension-eVar-Overview Scoring.png

例えば上の図では「会員登録(CV)」までの訪問者のエンゲージメントをスコアリングするとします。
訪問者がコンテンツを見た場合は「+1」、イイネ!を押した場合は「+2」など、訪問者のアクションによって加算されるスコアを予め定めておきます。

配分「最後(最新)」  有効期限「会員登録」の場合

  1. 訪問者がコンテンツを閲覧した場合、「s.eVar1="+1"」と設定されているので「1.00」が1インスタンス計測されます。
  2. 訪問者が記事をshareした場合、「s.eVar1="+3"」と設定されているので、コンテンツ閲覧時の「1.00」に「+3」加算され、「4.00」が1インスタンス計測されます。
  3. 訪問者が記事にコメントをした場合、「s.eVar1="+5"」と設定されているので「4.00」に「+5」となり、「9.00」が1インスタンス計測されます。
  4. 訪問者が記事に「イイネ!」ををした場合、「s.eVar1="+2"」と設定されているので「9.00」に「+2」となり、「11.00」が1インスタンス計測されます。
  5. ・・・このように、訪問者が特定のアクションをするごとにスコアが増えていきます。
  6. 訪問者は最終的に会員登録(CV)を実行しました。有効期限を「会員登録」としていたので、この時点でカウントを停止します。また、配分を「最後(最新)」としていたので、「会員登録」は「最後(最新)」の値(21.00)に付与されます。

この結果を見ると、ウェブサイト内でのリアクションが多いほど会員登録(CV)に貢献するのか否か、等が調査できます。

指標との組み合わせ

eVarで収集したデータは「カスタムコンバージョンレポート」に展開されるので、分析をする際は「カスタムコンバージョンレポート」に様々な指標をセットすることになります。
組み合わせる指標は様々ですが、eVarは貢献度を測るためのものなので、基本的にはコンバージョン系の指標をセットしましょう。
また、「配分」の設定状況によって以下のとおり結果が違ってくるので、「配分」がどのようになっているかも気をつけながら指標を読み取るようにしてください。

「売上高」の例

Dimension-eVar-Overview Revenue.png

上図の例ではページを遷移するたびに「eVar1」でページネームを取得しています。
訪問者は「¥10,000」の購入をしました。この時、指標に「売上高」をセットした場合、「配分」の設定によって次のとおり結果が異なります。

最新(最後) ・・・ 有効期間内に最後に記録された「s.eVar1=“f”」に「¥10,000」が配分されます。
元の値(最初) ・・・ 有効期限内に最初に記録された「s.eVar1=“a”」に「¥10,000」が配分されます。
線形 ・・・ 有効期限内に記録された「s.eVar1=“a”」から「s.eVar1=“f”」にそれぞれ配分されます。

インスタンスの例

Dimension-eVar-Overview Instances.png

上図の例ではページを遷移するたびに「eVar1」でページネームを取得しています。
指標に「インスタンス」をセットした場合、「配分」の設定によって次のとおり結果が異なります。

最新(最後) ・・・ 「s.eVar1=“a”」から「s.eVar1=“f”」それぞれに1インスタンスずつカウントされます。
元の値(最初) ・・・ 有効期限内に最初に記録された「s.eVar1=“a”」に6インスタンスがカウントされます。
線形 ・・・ 「s.eVar1=“a”」から「s.eVar1=“f”」にそれぞれに1インスタンスずつカウントされます。

配分が「最新(最後)」の場合は、最新のeVarに値がセットされる都度インスタンスがカウントされます。最後のeVar(s.eVar1=“f”)にまとめてカウントされるわけではないので注意です。
配分が「元の値(最初)」の場合は、一番最初のeVar(例だと「s.eVar1=“a”」)にeVarの発生回数(6回)がまとめてカウントされました。
配分が「線形」の場合は、6インスタンスがそれぞれのeVarに配分されました。

トラフィック系指標の例

Dimension-eVar-Overview TrafficMetrics.png

トラフィック系の指標をセットしたところ以下の結果となりました。


ページビュー数

最新(最後) ・・・ それぞれのeVarでページビュー数がカウントされます。最後のeVar(s.eVar1=“f”)が訪問の間持続しているので購入ページのページビュー数もカウントします。
元の値(最初) ・・・ 有効期限内に最初に記録された「s.eVar1=“a”」に7ページビュー数がカウントされます。購入ページのページビュー数もカウントします。
線形 ・・・ 「最新(最後)」と同じ結果となりました。7ページビュー数がeVarの発生回数(6回)で配分されると想像しましたがそうはなりませんでした。

実訪問者数や訪問回数の結果は図のとおりです。配分が「線形」の場合に1訪問者や1訪問がeVarの発生回数(6回)で割られるわけではありませんでした。
このように、eVarにトラフィック系の指標をセットすると思いがけない挙動をします。eVarは貢献度を見るためのものなので、セットする場合はコンバージョン系の指標を使いましょう。