Difference between revisions of "Adobe Marketing Cloud/導入フロー"

From Adobe Analytics百科事典
Jump to: navigation, search
m (Makoto Shimizu moved page Adobe Marketing Cloudの導入方法 to Adobe Marketing Cloud/導入フロー without leaving a redirect)
(古くなったので一部更新)
 
Line 16: Line 16:
 
==ログイン方法==
 
==ログイン方法==
  
カンパニー毎に発行される company名.marketing.adobe.com というようなURLでアクセスし、Adobe IDを使ってログインすることになります。
+
カンパニー毎に発行されるURLでアクセスし、Adobe IDを使ってログインすることになります。
  
ここでいうcompany名はMarketing Cloudレベルの契約単位(組織名)であって、Analyticsのカンパニーとは別物です
+
ここでいうカンパニー(会社)はAdobeとの契約の単位であって、従来のAnalyticsのカンパニーとは別物です
(単位は同じであってもスペースやInc, Co. Ltdなどでゆらぐので表記が必ずしも一致しない)
+
(一致する場合でも、スペースやInc, Co. Ltdなどでゆらぐので表記が必ずしも一致しない)
  
 
一度ログインすると、そのままAdobe AnalyticsやAdobe Targetの画面に遷移できるようになります。改めて認証する必要はありません。
 
一度ログインすると、そのままAdobe AnalyticsやAdobe Targetの画面に遷移できるようになります。改めて認証する必要はありません。

Latest revision as of 13:06, 11 May 2019


まずは申請から

ソリューションを一つまたは複数契約しても自動では有効化されないので、自分でAdobeや代理店に連絡して有効化を依頼する必要があります(2015年8月現在)。 コストは発生しません。

申請方法については公式ヘルプをどうぞ: Core Services - Enabling Your Solutions

Adobe IDを作っておく

従来はAdobe AnalyticsやAdobe Targetなどソリューション毎にアカウントが独立していましたが、Marketing CloudではAdobe IDを使ってログインすることになります。

一つのAdobe IDに対して、複数のカンパニーを紐づけることも可能です(ログインしたまま切り替えられるので楽)

ログイン方法

カンパニー毎に発行されるURLでアクセスし、Adobe IDを使ってログインすることになります。

ここでいうカンパニー(会社)はAdobeとの契約の単位であって、従来のAnalyticsのカンパニーとは別物です (一致する場合でも、スペースやInc, Co. Ltdなどでゆらぐので表記が必ずしも一致しない)

一度ログインすると、そのままAdobe AnalyticsやAdobe Targetの画面に遷移できるようになります。改めて認証する必要はありません。