Difference between revisions of "Top"

From Adobe Analytics百科事典
Jump to: navigation, search
m
m (「Adobe Analytics百科事典」とは)
 
Line 5: Line 5:
  
 
Adobe Analytics (旧SiteCatalyst) に関するノウハウや解説を共有するためのサイトです。
 
Adobe Analytics (旧SiteCatalyst) に関するノウハウや解説を共有するためのサイトです。
ツールベンダーによる情報提供をエンドユーザーが補完し、幅広く共有することで、コンサルタントやエンドユーザーを含む業界全体の発展に寄与するべく、立ち上げられました。
+
ツールベンダーによる情報提供だけでは情報が足りず、分かりにくいので、エンドユーザーが補完的にノウハウを幅広く共有することで、コンサルタントやエンドユーザーを含む業界全体の発展に寄与するべく、立ち上げられました。
  
※これまでは[http://google.cms-ia.info/ 実践★SiteCatalyst]というサイトに書いてましたが、内容がマニアックすぎ、古い記事が埋もれてしまったので、このサイトを立ち上げました。
+
[http://google.cms-ia.info/ 実践★SiteCatalyst]というサイトでも記事を書いていますが、古い記事が埋もれがちなので、このサイトを立ち上げました。
ナレッジを体系化し、初心者にも分かりやすく書いていきます。
+
ナレッジを体系化し、初心者にも分かりやすく書いています。
  
 
''※Adobe社とは無関係のサイトです''
 
''※Adobe社とは無関係のサイトです''

Latest revision as of 07:53, 3 March 2018

「Adobe Analytics百科事典」とは

Adobe Analytics (旧SiteCatalyst) に関するノウハウや解説を共有するためのサイトです。 ツールベンダーによる情報提供だけでは情報が足りず、分かりにくいので、エンドユーザーが補完的にノウハウを幅広く共有することで、コンサルタントやエンドユーザーを含む業界全体の発展に寄与するべく、立ち上げられました。

実践★SiteCatalystというサイトでも記事を書いていますが、古い記事が埋もれがちなので、このサイトを立ち上げました。 ナレッジを体系化し、初心者にも分かりやすく書いています。

※Adobe社とは無関係のサイトです

執筆者について

清水 誠:楽天でWeb解析のチームを立ち上げて全社展開した後、渡米しユタの本拠地で3年間、Adobe Analyticsの企画・開発に携わりました。2014年に帰国し独立。表も裏も詳しいですが、このサイトは個人スタンスで、既知の公開情報と自分の実験結果をベースに書いています。

パーソル プロセス&テクノロジー社:2015〜2016年に執筆協力いただきました。

最近更新されたページ